法人単位で管理をクラウド化する

名刺web管理クラウドという新しいツール

営業職にとって名刺は見込み客を開拓する大切な情報源です。営業マンひとり一人の財産でもありますが、企業単位で管理できれば業績アップへの近道にもなります。そういった発想から、クラウドを利用した名刺web管理ツールが注目を集めています。

クラウド管理の仕組み

いまやクラウドは企業にとって必要不可欠な社内インフラです。社内メールや書類・通達だけでなく、多くの情報を部署単位・企業単位で共有することで業務効率の向上に繋がります。
情報共有の一環で名刺web管理ができれば、顧客開拓の効率も格段に上がるという発想からクラウドでの名刺web管理ソフトは生まれました。
社員が保有する名刺をスマートフォンやスキャナーでスキャンし、文字認証などを通して営業活動に必要な情報を紐付けしていきます。
個人向けの名刺管理アプリであれば、情報の保有・管理までがスタンダードですが、法人単位での管理の場合、部署間での共有や関係部署同士での顧客紹介などが行えるような昨日も備わってきます。

名刺をクラウド管理する利点

名刺は保有するひと個人だけにとどまらず、法人単位で大切な情報のひとつです。例え名刺交換をした人物にとって直接的な営業先になる見込みが低くても、関係部署での顧客獲得に繋がる場合もあるからです。
名刺を社員一人ひとりの保有財産ではなく、法人全体の財産と考えた場合、膨大な数の名刺が見込み客情報に変わります。
また直接的に営業に関わることのない人(経営陣などの地位の高い人や事務職など)が保有する、いわゆる「眠れる名刺」も活用することができます。しかし、いちいち社内の人にあたって「眠れる名刺」を探すのは現実的ではありません。
クラウドを使った名刺web管理の利点は、手間をかけずに欲しい見込み客の情報を共有できることです。

1枚の名刺には膨大な情報が詰まっている

メールアドレスや電話番号は営業活動に必要不可欠な情報です。
それだけでも法人単位で名刺web管理できれば、膨大な情報量になります。加えて、いつ・どの部署の・誰が受け取った名刺かを情報としてストックするとどうでしょう。
業種や地域だけでなく、「誰の交換した名刺か」「どの部署から共有された名刺か」といった多角的な条件でリスト抽出することが可能なのです。
必要なあて先をTPOに合わせてリストアップし、一括メールなどで営業をかけることができれば効率もぐっとあがります。
名刺を法人単位でデジタル管理することで、個人単位では入手しきれないほどの膨大な情報を共有でき、営業先へのコンタクトに必要な情報も同時に管理できるのです。